北陸福井の旅行「かなざわら あわら市」の観光や特産品、温泉宿泊の観光ガイド「あわら市観光協会」

あわら市観光協会

観光スポット

あわら温泉

あわら温泉は、葦の生い茂る低湿な沼地であったが、明治16(1883)年、ひとりの農夫が潅漑用の井戸を掘ったところ、うすい塩分を含んだ湯が湧き出した。これがあわら温泉誕生の起源となっている。 明治44(1911)年には国鉄三国線(昭和47年に廃線)が開通し、さらに昭和3(1928)年には、京福電鉄三国芦原線が開通したことにより、温泉街は急速に発展した。 ところが、昭和23(1948)年6月の福井地震で甚大な被害を受け、加えて、昭和31(1956)年4月には未曾有の大火に遭遇し、温泉街の中心部のほとんどがは灰じんに帰した。 しかし、住民挙げての復興への努力が実り、現在では近代的な旅館が建ち並び、「関西・中京の奥座敷」として多くの人々から好評を得ており、年間 100万人以上の観光客が訪れている。 また、温泉文化施設「セントピアあわら」には、観光客や周辺住民が集い、年間25万人以上の入湯客で賑わっている。

基本情報

住所あわら市温泉 MAP
電話番号芦原温泉旅館協同組合 0776-77-2040
営業時間
料金
アクセス

JR芦原温泉駅から車で15分 路線バス(京福バス)で20分

えちぜん鉄道あわら湯のまち駅から徒歩5分~20分

※宿泊の場合、各旅館から送迎あり

WEB
お知らせ
その他